出会い系サイトの体験談を紹介するブログ

出会い系ピープル

マッチングアプリ

3分でわかるveve(ベベ)!ハイスペックな人だけが集まる特別なマッチングサイト!

投稿日:

veve

veveに向いている人

  • ハイスペックな異性と出会いたい方
  • 自分のスペックにもそれなりに自信がある方
  • 比較的軽めな出会いを求めている方

上記3つの条件のうちいずれかに当てはまる方は、ぜひveveの利用を検討してみてください。

veveはハイスペックな方向けにリリースされたマッチングアプリなので少々ハードルは高めですが、条件に合えばかなり優良なサイトとして楽しめます。

数ある出会い系サイトの中からあえてveveを選ぶ理由としては、やはり「ハイスペックな異性に出会いやすい」ということが挙げられます。

veveはハイスペックな人のためのマッチングアプリをコンセプトに設計されており、謳い文句の通り男性も女性も才色兼備なエリート揃いなのです。

ルックス・収入・学歴などあらゆる点で優れたユーザーが集まっているので、できるだけハイスペックな異性と出会いたい方にとっては非常に使い勝手の良いアプリになっているといえるでしょう。

ただしveveを使うためには、自分自身も一定以上ハイスペックでなくてはいけません。

詳しくは後述しますがveveには「入会審査」がありますので、ある程度ハイスペックな部分をお持ちの方でなければveveを使うことすらできないのです。

自信が無いようなら、最初から入会審査無しで使える手ごろなマッチングアプリを選ぶのも手でしょう。

そして全体の傾向として、veveのユーザーは「真剣に恋愛している方は少なめ」であることにも留意してください。

もちろん彼氏・彼女探しのためにveveを使っている方もいるのですが、どちらかといえば飲み仲間や異性の友人を探している方、またハイスペックな方との人脈作りに利用しているユーザーも多いのです。

いきなり「結婚を前提に」なんてスタンスを見せると引かれてしまう可能性があるので、比較的軽めの出会いを求める方に向いているアプリだといえます。

その他、おすすめの出会い系アプリをランキング形式で比較できるページも用意してあります。あなたの利用目的にピッタリなアプリを探してみましょう!

出会い系おすすめランキングはこちら

veve(ベベ)とは?

veve(べべ)は、ハイスペックな方の利用を想定して作られたマッチングアプリです。

2018年にサービスがスタートしたばかりなのでユーザー数は他社より少なめですが、ハイスペック同士の出会いを応援するアプリとして注目を集めつつあります。

アプリ自体のシステムは一般的なマッチングアプリとさほど変わりませんが、利用者のほとんどがハイスペック層という点が他社出会い系アプリとの違いです。

そもそも「ハイスペック」とは何かという話ですが、veveの基準では「外見の美しさ」と「職業や年収」が重要視される傾向にあります。

モデルや芸能人のようなルックス、人に自慢できるような職業、平均より圧倒的に高い収入…そういった「一般人より優れている部分」を持っているユーザーがハイスペックとして認められます。

veveとは

スペックの低いユーザーが参入できないよう、veveには「入会審査」があるのも特徴ですね。

アプリをダウンロードして必要事項を入力するとすぐに入会審査が始まり、既存のユーザー達によって入会OKかどうかの審査が行われるのです。

この審査に通らなければ、どんなに駄々をこねてもveveのユーザーになることはできません。

出会い系としては正直ちょっとハードルの高いアプリですが、入会審査に通ってしまえば非常に有用なマッチングアプリです。

ユーザーのほとんどがハイスペック持ちなので、理想の異性に出会える確率も一般的なマッチングアプリより高いと言ってよいでしょう。

veveの入会審査はどうやって行われる?合格のコツは?

veveの入会審査は、運営スタッフではなく既存のユーザー達によって行われます。

審査はアナタが顔写真と必要事項を入力した直後から開始され、24時間に渡ってたくさんの異性ユーザーにジャッジされる仕組みになっているのです。

何名が投票してくれるのかはタイミング次第ですが、投票数に関わらず「投票者の過半数以上が入会OKを押してくれた場合」にのみ合格となります。

入会審査に通るコツは、できるだけ綺麗に撮れた写真を審査に出すこと。

veveの入会審査

なぜならveveの審査は年収や職種よりも「ルックスが重視される」側面があり、顔さえ整っていれば年収が低めでも審査に通ってしまうことがあるからです。

審査画面において、年齢・職業・収入の3要素よりも顔写真のほうが目立つよう設計されているので、第一印象だけで審査してしまう方が多いようですね。

ルックスをいきなり良くすることはできませんが、写りのいい写真を選ぶだけでも第一印象は変わってきます。

デートに行くようなイイ服を着て、表情が明るく見えるように自然光の中で写真を撮って…といった工夫を怠らなければ、審査に通りやすい綺麗な写真が撮れますよ。

間違っても、暗い部屋の中で家着のまま適当に撮った写真を審査に出すなんてことはないようにしましょう。

veveの会員層について

veveのユーザーは、様々な部分で平均以上のスペックの持ち主であふれています。

ルックス・収入のどちらかが優れていれば入会できる可能性がありますが、傾向として男性は高収入な方が多く、女性はルックスが優れている方が多く見られます。

男性ユーザーのなんと50%以上が年収1000万円以上となっていることからも、高収入の男性の多さが伺えます。

どちらかといえばルックス重視の入会審査を潜り抜けた上で年収まで高いのですから、veveの会員が本当にハイスペックな方だらけであることがわかりますね。

veveの会員層

ちなみに女性ユーザーの年収はそれほど高くない傾向にありますが、「芸能・モデル関係」「キャビンアテンダント」といったルックス重視の職業に就いている方の割合が多いです。

年齢としては、20歳~34歳までの比較的若いユーザー層に人気を博しているようです。

40代~50代のユーザーも居ないわけではないのですが、40代以上のユーザーは全体の1割以下とかなり少なくなっています。

中高年ユーザーは年収の面でいうと若い世代を圧倒しそうですが、40代以上になるとルックス重視の入会審査を通るのが難しくなってしまうためこのような年齢バランスになっていると推測されます。

veveの口コミと評判(解説つき)

それではここで、veveを実際に利用したユーザーたちの口コミをご紹介しておきましょう。

ハイスペック向けのマッチングアプリとして注目されているveveですが、口コミを調査してみると意外な事実がわかってきました。

良い口コミも当然あるのですが、中には「運営が謳っているほどハイスペック向けになっていない」という厳しい意見も…?

そこで今回は、数ある口コミ評価の中から特に気になった意見だけをピックアップしてみました。

veveが気になってはいるけど正直あまり信用できない!という方は、まず口コミを見て判断してみてはいかがでしょうか。

リリースされたばかりで情報の少ないアプリだからこそ、実際にveveを利用したユーザー達の意見は貴重な判断材料になるはずですよ!

思ってたよりハイスペック向けじゃない

結論からいって、veveは思ったよりハイスペック向けじゃない。

特に女は顔がいいだけで収入なんかは壊滅的。

無職(職業は内緒ってことにしてる)なんて女もいたりするから、金目当てで寄ってこられてるみたいで何だかなぁって感じ。

解説

veveはハイスペック向けのマッチングアプリを謳っていますが、やはり入会審査の仕組みがルックス重視になりすぎていることに不満を抱くユーザーもいるようです。

「顔立ちが整っているだけで低収入な人」をハイスペックと呼んでいいのかどうかは、正直人によって意見のわかれるところだと思います。

全体で見ればハイスペックな方が多いのは事実ですが、ルックスだけで審査を潜り抜けてしまうユーザーがいることは確かにveveの問題点かもしれませんね。

サクラに悩まされる心配無し!

ハイスぺ女子が多いっていうのでサクラを心配してたんだけど、veveはサクラいないみたいでほっとしてる。

サクラに悩まされる心配無しってのは出会い系使いにとってありがたいよホント。

解説

veveを使っているユーザーの意見を確認してきましたが、サクラの被害に遭ったという報告は一件も見つかりませんでした。

悪質な出会い系サイト・マッチングサイトには運営側の用意したサクラが紛れ込んでいることがしばしばありますが、veveではそういった心配をしなくてもよさそうです。

サクラに翻弄されて無駄なポイントを使ってしまった経験のある方は、veveのように運営のクリーンなアプリに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

ほとんどパパ活をしてる感じ…

出会えるか出会えないかで言ったらveveは"出会える"アプリだって言っていいと思うよ。

だけど本気で恋愛しようとしてる女性が少ないってのがマイナスポイント。

ご飯奢ってプレゼント渡したらハイさよーなら、ってな具合で関係が薄い。

こっちは対等なデートのつもりなんだけど、ほとんどパパ活をしてるような感じで終わってしまう…

解説

veveのユーザーは、全体的に軽めの出会いを求めている方が多いようです。

結婚を前提にしたお付き合いというよりも、とりあえず「ハイスペックな相手と知り合う」ということだけを目的にしている方が多いのもveveの特徴。

もっと真剣な恋愛をお望みの方には、残念ながらveveはあまり向いていないと言えそうです。

業者は居なさそう

使ってみた感じの率直な感想、veveには厄介な業者が居なさそう。

入会前にちゃんと審査があるからかな?あきらかに詐欺サイトに誘導してくる感じの相手には今のところ会ってないな。

解説

入会審査がある分、veveには悪徳業者が参入しづらい環境が出来上がっています。

アカウントを作るために顔写真と個人情報を提示しなければならないので、詐欺師にとっては使いづらいサイトになっているわけですね。

ただし100%安全と言い切れるわけではありませんから、利用する上で自衛は怠らないようにしましょう。

最近キャッシュバッカ-って見ないね

昔はどこのサイトにもいたけど最近キャッシュバッカ-って見ないね。

先週からveve使ってみてるんだけど、ここにも明らかキャッシュバッカ-って感じの女はいないみたい。正直快適で助かる。

解説

運営歴の長い出会い系サイトだといまだにキャッシュバッカ-が残っているところもありますが、veveにキャッシュバック制度は一切無いのでご安心ください。

昔からキャッシュバッカ-は男性ユーザーのポイントを無駄に使わせる厄介な存在として嫌われていたので、クリーンな運営が主流になってきた昨今のマッチングアプリは本当に安心して使えますね。

写真詐欺が多い!

あえて厳しいこと言うけどさ、ここ写真詐欺多すぎるよ。

たぶん入会審査クリアするために詐欺アプリで盛ってる女が多いんだと思う。

一人実際に会ってみたけど、「誰これ?」ってレベルで違う人が来た。

解説

veveに限ったことでもありませんが、最近はスマホでも簡単に写真加工ができるようになって「写真詐欺」と言われるようなプロフィールを作っている女性が多いです。

あきらかに加工しているとわかるような写真を使っているならまだマシですが、デート当日まで加工に気づかなかったパターンだと最悪の気分ですね。

流行りもあるので完全に写真詐欺を避けるのは難しいかもしれませんが、相手の写真は流し見せずしっかり検証しておいたほうがよさそうです。

おばさんが居ない

アカウント作るだけで審査するなんて偉そうなアプリだな、と思ってたんですが(笑)、このアプリ入会審査のおかげでおばさんが居ないんですよ。

けっこう若くて美人じゃないとアカウント作れないので、美人が多いってのがいいところかな!

解説

良くも悪くも、veve最大の特徴となっている入会審査。

ルックスが重要視されるこのシステムのおかげで、veveの会員は20代~30代の若い層に集中しています。

極端に年上の異性からアプローチをかけられることが少ないので、恋愛は若い者同士でしたい!という方にとっては使いやすい環境になっているようです。

veveの利用料金ってどれくらい?

料金表

  • 1ヵ月プラン = 4,900円
  • 3ヵ月プラン = 13,600円(1ヵ月あたり4,500円)
  • 6ヵ月プラン = 23,800円(1ヵ月あたり4,000円)
  • VIP会員 = 1,500円/1ヵ月

veveの利用料金は上記の通りとなっています。

ハイスペック向けマッチングアプリだけあって、月額料金は一般的なマッチングアプリよりもやや高めに設定されていますね。

男性の場合この他にデート代の負担といった出費もありますので、この料金を高いと感じる方にveveは向いていないかもしれません。

ただし意外なことに、veveの料金はハイスペック向け・アッパー層向けを謳っている出会い系の中では安い部類に入ります。

veveの利用料金

Dine(ダイン)東カレデートの料金が1ヵ月6,500円~であることを考えると、veveの1ヵ月4,900円という設定は良心的だといってよいでしょう。

オプションでVIP会員になったとしても月額料金+1500円しかかからないというのもポイントですね。

特典の内容が違うので一概に比べることはできませんが、例えばDineのVIP会員にあたる「プラチナ会員」は月額料金+6,500円となっています。

さすがに毎月の料金が倍になってしまうならVIP会員になるのも考え物ですが、veveなら+1,500円で済むので入会を検討する価値もあるのではないでしょうか。

veveのVIP会員になると何が変わる?

veveのVIP会員

料金の解説の中に「VIP会員」のお話が出たので少しだけ解説しておきます。

veveのユーザーは、通常の月額料金に+1,500円を支払うことでVIP会員に昇格することができます。

例えば1ヵ月プランでVIP会員のオプションをつけた場合、かかるコストは1ヵ月6,400円になるということですね。

VIP会員をつけてようやくDineや東カレデートと同等程度の料金なので、金銭的に余裕があれば加入してみてもいいと思います。

VIP会員のメリット

  • 毎日のログインボーナスが300ポイントに増える
  • 確認できる足あとの件数が100件まで増える
  • 検索画面で優先的に上位表示されるようになる
  • ログイン状況を相手に見せない設定が使える
  • 検索表示のソート項目がより詳細になる

VIP会員になった場合のメリットは上記の通り。

最大のメリットになるのが、「検索画面で優先的に上位表示されるようになる」という点ですね。

これは要約すると「異性から見つけられやすくなる」ということでもあり、上手くすれば出会いのチャンスが増えることに繋がります。

veveを効率的に使うための便利機能をご紹介!

veveを効率的に使うための便利機能

①つぶやき機能

veveの面白いところは、まるでSNSのように使える「つぶやき機能」が実装されていることです。

ほとんどツイッターと同じようなシステムで、気軽に短いメッセージと画像を投稿することができます。

「ツイッターと同じならツイッターを使えばいいじゃないか」と思うかもしれませんが、veveユーザーは社会的な信頼性の高い人が多いということを忘れてはいけません。

匿名性の高いツイッターではくだらないことで炎上したり誹謗中傷騒ぎが起きたりしますが、余裕のある大人が揃っているveveでそんなつまらない騒ぎは滅多に起きません。

ハイスペック持ちが集うveveには、他人を攻撃することに時間を割くような低俗なユーザーが少ないのです。

ちなみにつぶやきの内容に応じて、カテゴリー分けすることができるのもveveのつぶやき機能の特徴。

料理・セルフィー・趣味・スポーツ好き・動物好き…などなどいくつものジャンルに分けて投稿・閲覧できるので、つぶやきを見て趣味が合う異性を探すのも簡単です。

ただ楽しめるだけじゃなく、しっかり異性との出会いにも繋がる仕組みになっているのが嬉しいですね。

②ログイン状態を隠す

こちらはVIP会員だけの機能ですが、veveでは「ログイン状態を隠す」ということも可能です。

同様の機能を実装したマッチングアプリはたくさんあるので、他社サイトでこの機能を愛用していたという方も多いのでは?

ログイン状態を隠すことのメリットは、相手に隙を見せずに済むということです。

あまりにもログイン回数が多いと「必死で気持ち悪い」と思われてしまうかもしれませんし、逆に少なすぎると「本気で出会う気がない」と思われてしまうかもしれません。

この辺は人によって感じ方が違うので、ちょうどいい印象を与えるログイン回数を維持するなんてはっきり言って不可能なんですよね。

そんなジレンマの唯一の解決策が「ログイン状態を隠す」というもの。

相手からはどれくらいログインしているのかが見えないので、この機能さえオンにしておけばアナタがどんなペースでveveを使おうと誰にも悟られなくなるというわけです。

また、veve内にある程度仲良くなった異性がいる場合にもログイン状態を隠す機能が役立ちます。

もうデートするくらいの関係になった状態でveveを続けていると、焼きもちを焼かれたりケンカになったりするかもしれませんよね?

しかしログイン状態さえ隠しておけばveveを使っていることを悟られる心配もなくなるので、気兼ねなく新しい出会いを探せるようになるのです。

③「近く」のつぶやき

veveではツイッターのようなつぶやきができるということは先ほどご説明した通りですが、実はこのつぶやき機能にはマッチングアプリならではのオプションがあります。

それが「近く」のつぶやきを抽出するという機能です。

これは会員同士の位置情報を利用した機能で、近くでつぶやき機能を使ったユーザーを自動的に選び出してくれる仕組みになっています。

いくら気が合う相手でも居住地が遠すぎると出会いのハードルが高まりますが、「近くにいる相手」がわかればデートにも誘いやすくなりますよね。

また、近くにいるということは地元が一緒である可能性も高いので、自然と話も合いやすくなると思います。

使い方も簡単で、つぶやきのカテゴリー選択画面に表示されている「近く」をタップするだけ。

距離感の近い相手とはマッチングの確率が上がるという話もあるくらいなので、本気で出会いたいならガンガン使っていきたい機能です。

veveの使えない機能

①ダイヤ

これは評価の分かれるところだと思いますが、veveの「ダイヤ」は効果があるかどうか微妙です。

ダイヤとは「いいね」の上位互換のようなもので、通常の「いいね」よりも本気でアナタのことが気になっています…というアピールに使うアイテムとなっています。

「いいね」は1回10ポイントで送れますが、ダイヤを送るためには1回50ポイントもかかってしまいます。

無料会員でもログインボーナスで50ポイント貰えるのでそこまで高額という印象ではありませんが、一人の相手にポイントを消費しすぎると他の異性へのアプローチのチャンスが失われてしまうことも忘れてはいけません。

ダイヤを送った女性に「嬉しい!」と思ってもらえたならポイントを消費したかいもありますが、ダイヤくらいでそんなに喜ぶ女性がいるのかは謎。

もちろん普通の「いいね」より成功率が高いということも事実でしょうが、通常の5倍ものコストをかける価値があるのかというと…正直ちょっと微妙なところです。

②入会審査システムが緩い

veveはハイスペック向けのマッチングアプリを謳っているわりに、入会審査のシステムが緩いという話があります。

上記で「veveの入会審査はルックスが重視される」という話はしましたが、その原因になっているのが「最低年収の制限がない」ということです。

ハイスペックというからには男女ともに高収入のユーザーだけが集まれる仕組みにしていてほしいものですよね。

しかしveveには最低年収の制限が用意されていないため、極論「ルックスさえよければ無職でも受かる」という緩いシステムになってしまっているのです。

定収入をチャラにするほど顔がいいならある意味ハイスペックと言えなくもありませんが…なんとなく納得いかない気もしますよね。

入会審査システムの緩さを「入会しやすくて良心的」と捉えるか、「ハイスペック以外が入ってくるので駄目」と捉えるかはアナタ次第。

ですがveveの入会審査システムは、ハイスペックな人との出会いだけを求めている上位ユーザーにはちょっと不評を買っているようです。

veveって本当に安全?使用上の安全性とセキュリティ面について

知名度という意味ではまだまだ発展途上のveve。

きっと今回この記事を読んで初めてveveのことを知ったという方もいることでしょう。

中にはveveについて何となく興味は湧いたけど「知名度の低いマッチングサイトに登録するのは怖い」とお思いの方もいるのでは?

結論から言うと、安全性・セキュリティ面という意味でveveは信頼に値するサイトです。

近頃は運営会社すらあやふやな怪しいマッチングアプリが横行していますが、veveはしっかり国に届け出を出して運営されている「インターネット異性紹介事業者」だからです。

運営元は株式会社W-ENDLRSSというところで、大阪府に本社を置いている日本の企業です。

また、口コミを調査してみた際にも「サクラがいない」「キャッシュバッカ-がいない」「悪質業者がいない」といった安全面への好意的な意見が目立ちました。

ハイスペック向けを謳って運営していることでユーザー全体の質も良く、安心して使うことのできるサイトに仕上がっているのがveveの良いところです。

veveを使うときは必ず年齢確認をしておこう

veveを使うためには、必ず年齢確認を行う必要があります。

手続きが面倒だと感じるユーザーは多いようですが、マッチングアプリを利用するにあたっての年齢確認は国の法律で定められていることです。

年齢確認をしないサイトは100%悪質サイトなので、veveのように堅実に年齢確認を行っているサイトは信頼に値すると言ってよいでしょう。

特にveveの場合アカウントを作るだけでも入会審査をしなければならないのですから、せっかく審査に通っても「年齢確認をしなかった」だけのことで取り消しにしたくありませんよね。

記念すべきハイスペックの仲間入りを台無しにしないためにも、年齢確認は決して怠らないようにしてください。

とはいっても、veveの年齢確認はわりと簡単です。

18歳以上であることが証明できればそれでOKなので、身分証明書の画像さえ提示すればそれで終わり。

手順さえ間違わなければ申請自体はほんの数分で終えることができますよ。

veveにログインできなくなった!原因と対処法は?

口コミを調査しているときにわかったのですが、ネット上に「veveにログインできなくなった!」と困惑しているユーザーが散見されます。

veveはまだリリースされて間もないアプリなので解決策の情報も少なく、情報提供を求める声も多いようです。

ログインできなくなる原因として、一番に考えたいのが「審査に落ちている」ということです。

veveは審査落ちしたユーザーを容赦なく排除してしまうので、入会審査をパスしない限り登録から24時間後にはログインできなくなってしまいます。

入会審査のために写真をアップして年収や職業を登録しただけで「アカウントを作った」と勘違いしている方もいるようなので、この点についてはまず注意してください。

一度でも入会審査に通っている場合、よほどのマナー違反でもやらかさなければアカウントを消されるということはないでしょう。

入会審査には通っているのにログインできないというのは、単にネット環境の不具合である可能性が高いといえます。

Wi-Fiを切ったり、スマホを再起動したりするとネット環境が改善されてログインできるようになるケースがあります。

veveは過疎化しているって本当?出会いのチャンスは本当にあるのか

アプリストア等の評価を見ると、「veveは過疎化が激しい」というような口コミもありました。

正直に言ってveveに人が少ないのは本当なので半分正解ですが、「過疎化」という表現は正しくありません。

なぜならveveは2018年後半にリリースされたばかりなので、過疎も何もまだまだ成長途中のマッチングアプリだからです。

人が少ないのは、単にまだ知名度が高まりきっていないからですね。

veveは過疎化しているって本当?

それにveveの代名詞である「入会審査」がスペックの低い新規ユーザーを弾いてしまうため、他社サイトに比べるとユーザーの増え方が緩やかなのです。

現時点で登録者数が少ないのは事実ですが、これから徐々に盛り上がっていくマッチングアプリなのは間違いないでしょう。

出会い系慣れしている方ならご存知だと思いますが、実のところ「人が少ない」というのはチャンスでもあります。

ライバルが少ない分マッチング率も高いですし、つぶやき機能を使って人気ユーザーにのし上がることだって大手サイトに比べて容易です。

リリース直後の今を「過疎っている」と考えるか「最大のチャンス」と考えるかで、出会いのチャンスの数は変わってくるはずですよ。

veveを退会するとポイントは消える?再登録は可能?

veveを退会するのに手間取ってしまったという方が何人もいるようです。

退会しようとしても悪質サイトのように引き留められたりはしないのですが、リリース後まもないため退会フォームが整っていないようです。

この点については今後少しづつ改善していくものと思われますが、現時点では残念ながらマイナス評価ポイントだといえそうですね。

実際に退会した方によると、veveを退会するには運営にメールを送る必要があるとのこと。

見えるような場所に退会ボタンが設置されていないため、運営への問い合わせを行わなければ対応してもらえないのだそうです。

また、運営がメールを受理して実際にアカウントを削除するまでにも少々時間がかかるようなので、その点についても登録前に留意しておいたほうがいいでしょう。

それと当然ですが、退会した場合アカウントに残っていたポイントは全て消えてしまいます。

ポイントをまとめ買いしていた場合は無駄になってしまうので、購入したポイントはできるだけ使いきってから退会手続きを行うことをオススメしておきます。

出会い系おすすめコンテンツ

845,340view
おすすめ 出会い系

実生活でなかなか出会いが無いという方に人気の「出会い系サイトやアプリ」たち。 ネットの普及と共に現代的な出会いの場として ...

376,959view
PCMAC 会員ログイン

PCMAXは累計会員数1000万人を超え、国内でも最大手の出会い系サイトのひとつです。 しかし、ハッピーメールやイククル ...

223,330view
ハッピーメール

結論から先にお答えすると「YES」です。 なぜなら彼女いない歴5年、年収300万程度の低スペック会社員(38歳)であるK ...

-マッチングアプリ

Copyright© 出会い系ピープル , 2019 All Rights Reserved.